日商簿記1級は独学でゲット|コツを掴んで資格をしっかり取得

勉強

通信講座か専門学校か

ノート

宅建を目指す方法について

宅建は毎年非常に多くの人が受験する不動産系のメジャー資格で、保有していると不動産業界だけでなく銀行など金融系への就職や転職に有利となります。しかし合格率が13%程度と決して容易に合格できる試験ではなく、難関資格といっても過言ではありません。そのため試験のための準備を計画的にしっかりと行う必要があります。準備方法としては独学で勉強する、通信講座を利用する、資格専門学校を利用する方法があります。このうちより短期間で合格を確実にする方法が資格専門学校を利用することです。専門学校であれば最新の法改正情報を入手でき、講義の都度わからないところを直接講師に質問できるのでわからないところをそのままにせずに済みます。

通信講座のメリット

専門学校の利用の次に有効なのが通信講座を利用する方法です。通信講座は専門学校に対して費用を安く抑えることが可能なことそして自分の好きな時間に勉強できることがメリットとなります。教材は生講義を録画したDVDやCDを使用しますので、専門学校に通うのとかわりありません。違いといえば直接その場で講師に質問できないことですが、通信講座では電話やFax、メールで質問できる体制が整っているためさほど不便はありません。またわからないところは何度もDVDやCDを聞くことができますし、使用する教材も市販のものに対してより分かり易く詳しい内容となっているため合格への近道となります。その都度確認テストがあるため、勉強のペースもつかめます。