日商簿記1級は独学でゲット|コツを掴んで資格をしっかり取得

勉強する人

計画を立てる

データ記入

日商簿記1級を勉強するとは

日商簿記というのは、経理の仕事をしていると取得しておいた方がいい資格の一つだといえますが、上位級を目指せるのであれば、経理の専門家としてステップアップするために勉強するというのもいいのではないでしょうか。 日商簿記1級は難易度も高いですので、予備校を利用するという人もいるでしょう。予備校だと、半年から1年間の年月をかけて通うという場合が一般的だといえます。簿記2級の知識が必要ですので、簿記2級の試験から日にちが経っている場合は、復習しておく必要もあります。 独学をして試験に臨むという方法もありますが、日商簿記1級に関しては独学ではかなり難しいということは認識しておきましょう。独学で勉強していく場合、勉強を始める前にしっかりとしたスケジュール対策も必要です。

講座を利用して勉強していく

日商簿記1級の試験対策講座を設けている予備校はたくさんありますので、自分の目的の受験日に合わせて通うといいでしょう。以前予備校で受講していたけれど合格できなかったという場合、再受講制度というのがある学校だと、次に受講するときに授業料がかなり安くなります。 通学で予備校に通えないという場合、通信制で勉強していくという方法もあります。日商簿記1級も通信制がある予備校を探せば、自分のスケジュールに合わせて勉強していくことができるので便利です。 また、独学で勉強してきたという場合でも、直前期の答練や公開模試などを受けて、自分の実力を知っておくというのも大切です。独学で不安だったことなどを質問する機会もありますので、単発でこういった講座を受けるというのもいいかもしれません。

簿記2級の通信講座

女性

簿記2級は通信講座で学習するのが、もっとも効率よく学習することができます。相場が3万円程度で受講ができて、web通信で受講をすれば通学と同じ講義の映像を視聴できます。講義スピードを変えられるので効率よいです。

Read More...

日商簿記1級を独学で攻略するためのコツ

学修

第一段落では日商簿記1級とはどういうものか、その試験範囲と難易度について説明しています。第二段落では日商簿記1級を独学で攻略するためのコツ、具体的には参考書や問題集を読むのではなく解く事の重要性について説明しています。

Read More...

通信講座か専門学校か

ノート

宅建は不動産系メジャー資格で勉強法としては独学、通信講座、資格専門学校を利用する方法がありますが、専門学校は最も短期間で確実に合格できる方法となります。通信講座は費用を抑え自分の好きな時間に勉強できるメリットがあります。

Read More...